新しい技術の価値は、市場にある他のソリューションよりも全ての連合プロセスを素早く、スムーズに、そして効率的に行うことだ。T

Go Upの新しい技術が他よりも優れているのは何か?簡単だ。

自動化連合は手仕事がいらないことを意味するためプロセス全体をスピードアップさせる。

  • 連合されている間にソリューションのはめ込みがアプリケーションで進化する。
  • 管理料が安い
  • ライセンスに縛られることがない
  • 新しい連合システムは同じ機能を保つ、それはより良いものだ。
  • 新しいコードは100%読み取りができて、効率的で管理しやすい。

ツールによる違いでプロセスを完全に理解するために。開始から終了までどのように全部が作用するかご説明します。

方法

御存じのとおり、マジックソフトウェアからマイクロソフトNETフレームワークへ情報システムを連合することはもちろん始めに注意深い作業、効率的な方法を使用することが必要だ。これを知り、最新のビジネスロジックである既存の作動アプリケーションで開始する。

連合プロセスは下記のようにいくつかの段階を経る。

  • 技術標準の統合
  • 現在のアプリケーションをマジック環境で学ぶ
  • アプリケーションモジュールを優先する
  • データベースを移行する
  • 委託加工 (任意)
  • アプリケーションの連合
  • テスト (プログラマー、フレームワークのプロ、そしてエンドユーザーによって行われる)

自動連合プロセス

連合の過程で、自動ツールがマジックアプリケーションのソースコードを解読するために使用される。結果のアウトプットは物体、所有、そして連合の後の段階で学びと最大化のプロセスを経る関係を作る際の基礎となる。この段階は標準化、管理が簡単なエラーのないコードを作り出す。自動ツールは作業プロセスを短くし、効率的に最大の機能を保存してまとまった標準コードを生み出す。

建築

連合アプリケーションの建築は何層ものモデルが元になっている。データアクセスレイヤー、ビジネスロジックレイヤー、ユーザーインターフェイスレイヤーの分別を導入する。ゴールはシンプルで、他のモジュールを害することなく、簡単な統合、簡単なユニットテストなど異なるデータベースの使用とモジュールの置き換えを可能にする柔軟なシステムを作り出す。

テクノロジーとライブラリー

全てがスムーズに作動するために、組織の職員と手を取り合って、プロセスで必要となる結合されたフレームワーク、ユーザーインターフェイスライブラリー同様に利用可能なライブラリー、同意を定義する。テクノロジーとライブラリーに関しては特に、次のポイントが注意されるべきことだ。

  • 指定言語と連合プラットフォーム
  • データベースへのアクセス
  • アプリケーションセキュリティ
  • 連合プロセスでライブラリーを結合する
  • クライアントに要素をダウンロードする
  • レポート

Go Up Technologyのゴールは、他に以前に使用していたものよりも、この全体のプロセスを素早く、スムーズに、そして効率的に行うことです。